前へ
次へ

軽症で腰痛を治療しよう

体を少し動かしただけで、腰の痛みやしびれを感じるという変形性腰椎症であったり、座骨神経痛、ぎっくり腰から内臓の病気まで、腰痛であっても実際には様々な病気のもとになっていることがあります。自覚症状があるのなら、決して放置をすることなく、立てているうちに、動けるうちに、医療機関で検査を受けるのがいいでしょう。初期症状が腰痛であったのに、足にしびれが起こることもあります。血液循環が関与している場合のみならず、何もしていないのにしびれが起こる場合もあります。腰から足にかけて、しびれを感じることがあったり、体を曲げた時に痛みが走ることがあり、この体の曲げを腰痛と誤認識する患者さんも少なくありません。太ももの後ろに痛みが響くなら、もしかすれば座骨神経痛かもしれません。下半身をめぐる神経の束なのですが、ヒドくなれば筋力の低下が見られることや、皮膚の知覚麻痺を起こすこともなきにしもあらず、だからこそ、腰痛は軽症で治療をするべきなのです。

Page Top